URくらしのカレッジ

レコメン!×UR

【第18回】ロングアイランドによる「西大島の神社紹介!」

ロングアイランドの二人が東京都江東区の西大島にある神社を調査してきました!

西大島を守ってくれている神社を発見! 二人はどんなお願いをしてきたのでしょう?

ロングアイランドが、お笑い芸人として早く売れたい。売れるためにはどうすれば良いか!?
二人は考えた結果、「神社でお願いすれば良い!」となり、神社探しをしてきました。おいおい、売れるためにネタを書けよ! と言いたい気持ちは抑えて、最後までお付き合いください(笑)。

二人が見つけた神社はこちら!
「西大島」駅から徒歩5分の場所にある「大島愛宕神社」です。
こちらの神社には、鎮守神がまつられていて、二人が住んでいる西大島を守ってくださっているそうです。京都に総本社があるこの神社は、防火の神さまで、火事にならないように守ってくれているそうです。

ここでオテンキのりさんから疑問が…「これはロングアイランドが売れるための神社なの?」。ロングアイランドからの回答は、「炎上しないように、国民から愛される芸人になれるんです!」ということでした。

そしてこの「大島愛宕神社」は、その昔、小林一茶が仮住まいをしていたそうです! 境内には「雀の子、そこのけそこのけ御馬が通る」という一茶の句碑が建てられていて、写真を撮ってきてくれました。

松原君はこれを機会に、小林一茶についていろいろと調べたそうで、なんと一茶が生んだ俳句の数は、2万句を超えるそうです。これにはロングアイランドも、お笑いのネタをたくさんつくって売れたい! とのことでした。この前の日曜大工で作ったネタ書き台がボロボロになるまで頑張ってほしいですね。

そして、二人が「大島愛宕神社」でお願いしてきたことは、「売れますように」と「Twitterのフォロワー数1万人達成できますように」でした。願いよ叶え! みなさま、ぜひこちらフォローをお願いします!

そして、終盤は毎回恒例の松尾君の歌が炸裂(笑)。
今回は「大島愛宕神社」の感動を歌にしてくれましたよ。

【大島愛宕神社の歌】作詞・作曲 松尾侑治
「大島愛宕神社~ 小林一茶が住んでた~ 今はどこですか~♪」

う~ん今回もよく分かりませんでしたが、松尾君いわく、神社に行ったときに小林一茶を感じたそうで、こんな歌詞になったそうです。
感じたならそこにいるじゃん! と、のりさんと松原君に突っ込まれる松尾君でした(笑)。

そして最後は三人でお願い事をしながらパシャリ。のりさん、小ボケが出てしまっているので、願いが叶わなそうですよ(笑)。
フォロワー数1万人達成できますように。

では、来週の放送もお楽しみに~!

あなたにおすすめの記事