URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

自分らしい生活を実現。若い一人暮らしに、団地がおすすめな理由

あこがれの一人暮らし。小さくても自分の城だと思えるような、居心地の良い部屋に住みたいですね。今回、All About「一人暮らし」ガイドの河野真希さんに、快適な一人暮らしのコツや、今注目の団地の魅力についてうかがいました。これから一人暮らしを始めようと考えている方、必読です!

快適な一人暮らしをするための、大切なポイント

「まずは、どんな暮らしがしたいのか考えてみましょう。一人でゆったりくつろぎたいのか、友人を呼べる部屋にしたいのか。家でもちゃんと料理をしたいかどうかなど。それによって、部屋選びやインテリアへの考え方も違ってきます」と河野さん。「最近注目のミニマリストの方々にインタビューをしたことがありますが、みなさん、暮らし方の基準が明確なんです。食事は必要なときにその都度買うから、冷蔵庫や電子レンジは持たない。着る服に悩みたくないから、気に入った物を数少なく持つ。そこまで潔くなれなくても、“オフ時間には料理を楽しみたいから、二口コンロの部屋が良い。その分、部屋は狭くてもOK”など、自分なりの基準で取捨選択していけると良いですね。」

そして、一人暮らしの部屋探しをする際には、駅からの距離や近くにコンビニがあるかなど、利便性が気になるところですが、意外にも「日中家にいる時間が短くても、日当たりの良い部屋がおすすめです」とのこと。日当たりの悪い物件は湿気がこもりやすく、カビの温床になることもあるそう。「一歩入ってカビ臭いような部屋は要注意ですね。」確かに、住まいとしての快適さを失っては、自分らしい暮らしどころではなくなってしまいます。

部屋が決まったら、自分だけのスペースとして、もっと快適に過ごせる工夫をしたいもの。賃貸住宅は基本的に原状回復義務があるので、壁に大きな穴を開けるようなDIYの場合は、退去時に費用が発生します。でも、「貼ってはがせるシールタイプの壁紙や、つっぱり棒で設置できる棚など、賃貸でも楽しめるものが増えています。100円ショップでも、多彩なインテリアアイテムが手に入りますよ」と河野さん。創意工夫で手をかけていけば、自分の部屋への愛着も増すのではないでしょうか。部屋に帰ってきたとき、ふと素に戻れるような、心地良い空間をつくりたいですね。

気に入った暮らしを長く続けるために、安心は欠かせない

「女性の場合は特に、周辺環境やご近所さんの雰囲気もチェックポイント。周辺にごみが散らばっていたり、共用部の電気が切れたままといった、管理体制が甘そうな物件も要注意です。」また、賃料が安い物件は木造や軽量鉄骨造がほとんどですが、「団地のように鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造の方が構造がしっかりしていて、耐震性が高いです。」実は、単身向けの間取りも意外とあるのが、UR賃貸住宅などのいわゆる“団地”。一人暮らしの物件探しで、団地を候補に入れてほしい理由は、ほかにもあります。

一人暮らしを始めると、想像以上にお金がかかることを実感するはず。ワンルームや1Kでも、都市部ではかなりの家賃額になります。さらに光熱費、食費がかかりますから、意外と手元に残るお金がないことに気付くかもしれません。「一人暮らしの若い方々に話を聞くと、一番不安なのはやはりお金のことのようですね。」

URは“礼金”や“仲介手数料”が不要。一人暮らしのスタートで何かと物入りな時期に、経済的に助かるのはうれしいものです。そして、“保証人”を立てなくて良いから、手続き上も簡単です。さらに、“更新料”も不要。気に入った物件に長く住むときに、更新料が要らないのは助かりますね。その分浮いたお金で、自分らしい暮らしを充実させていきたいものです。

“MUJI×UR”や“イケアとURに住もう。”の部屋も注目の的!

URと無印良品が共同で団地の部屋をリノベーションした“MUJI×UR”。イケアのキッチンが導入されたリノベーションが魅力的な“イケアとURに住もう。”いずれのプロジェクトも話題を呼んでいます。また、これらのプロジェクトで生まれた部屋以外にも数は少なめですが、URでは原状回復義務が免除され、通常の賃貸物件では実現が難しい、本格的なDIYができる部屋もあります。「ものづくり、インテリア好きの若い人なら、想像が膨らむでしょう。オリジナリティーを活かした空間づくりができるのは魅力的ですね。一人暮らしの時間がぐんと楽しくなると思いますよ。」

URでは、このほかにも快適にリノベーションした部屋など、さまざまなニーズに応える物件が豊富にあります。自分らしく暮らすのなら、“団地”もぜひ候補に入れることをおすすめします。

記事のまとめ

団地で一人暮らし!“MUJI×UR”や“イケアとURに住もう。”プロジェクトも!

  • ・一人暮らしの部屋探しのポイントは、まずは、どんな暮らしがしたいのかを考えて部屋を選ぶこと
  • ・UR賃貸住宅には、無印良品と共同でリノベーションした“MUJI×UR”、イケアのキッチンが設置されたお部屋もある“イケアとURに住もう。”などの特徴的なプロジェクトや、原状回復義務が免除で、本格的なDIYができる部屋がある

今回の先生:All About「一人暮らし」ガイド/河野 真希さん

暮らしスタイリスト・一人暮らしアドバイザー・料理家。自らの一人暮らし体験を元に取材や研究を重ね、各種メディアで情報を発信。料理や家事、インテリアなど、気持ちの良い暮らしをつくる、始めるためのライフスタイル提案を行う。

河野 真希さん 写真
あなたにおすすめの記事