URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? ひと×自然

入るだけできれいになれる!美容&健康にうれしい温泉はどこ?

疲労、冷え性、肩こりなど、さまざまな症状を改善する効能があるといわれている温泉。その中でも、美肌・美人になれる湯を日々研究しているのが、温泉ビューティ研究家・石井宏子さんです。今回は石井さんに、とっておきの温泉を紹介していただきます。

自然の力で美肌に!

Q.ズバリ、美容に効果的な温泉はどこですか?

「日本でも指折りの硫黄濃度で有名な、群馬県の万座温泉です。硫黄が濃い温泉は、血行を促進してくれる効果があるので、血液の巡りが良くなって代謝が上がるのです。
万座温泉の宿は、それぞれが違った硫黄泉の源泉を持っています。ミルクみたいに真っ白でトロトロだったり、キリッとすっきりしている酸性の温泉など、宿によって感触が違います。他にも、目が覚めるような緑色をした湯もあり、湯巡りが楽しい場所です。」

Q.美容に加えて、景色も楽しめる場所はありますか?

「秋田県の乳頭温泉郷をご紹介します。日本のみならず、今や世界中からゲストが来る人気の温泉地で、山の中にある秘湯です。
宿は7軒あるのですが、ここもそれぞれ違う源泉を持っています。お湯の色も、白、赤、透明などさまざまなのが魅力です。また、7軒中4軒が万座温泉と同じく、硫黄を含む温泉です。露天風呂も多いので、冬は雪を眺めながらお湯に浸かるのもいいですよ。
先ほど紹介した万座温泉は標高1800メートル近く、乳頭温泉郷も標高1000メートル近くに位置しています。標高が高い場所は平地に比べて気圧が低いので、温泉に入ることで得られる効果が平地よりも高くなります。代謝を上げるには山の温泉を狙うのもポイントですよ。」

記事のまとめ

硫黄の含有量が多い温泉は、血液の巡りが良くなり、代謝が上がる!

  • ・群馬県の万座温泉は、日本屈指の硫黄濃度で血行を促進&宿ごとに違う湯の肌触りが楽しい
  • ・秋田県の乳頭温泉郷は、雪を眺めながら露天風呂に入れてリフレッシュできる!湯の色も、白、赤、透明とさまざまな点も魅力

今回の先生:石井 宏子さん

温泉ビューティ研究家・トラベルジャーナリスト。
年間200日ほど日本・世界を旅し、雑誌、テレビ、ラジオ、ウェブサイトなどで活躍。ドイツで「気候療法士」の資格を取得し、心も体もきれいになる新しい旅、“ビューティツーリズム”を提唱。温泉地や温泉宿のブランディングや企画もサポート。

HP:http://www.onsenbeauty.com

石井 宏子さん 写真
あなたにおすすめの記事