URくらしのカレッジ

住みたいへやの選び方

部屋がすてきに生まれ変わる!団地のリノベーションってどんなもの?

古くなった部屋の設備や機能、デザインに手を加え、新しい付加価値を生み出していく“リノベーション”。全国のURの団地にも、もともとの部屋の特徴を生かしながらリノベーションした物件が数多く存在します。

「団地が持つ本来の良さ+新しい価値」で、部屋が生まれ変わる

現代のライフスタイルに合わせて、水回り設備などの快適性を向上させ、新しいデザインに部屋をつくり直して価値を高めていくリノベーション。今、団地においてもそんなリノベーションが注目されています。

もともと団地には、窓が多く、南面向きで日当たりのいい部屋が多いので、太陽や空の広さを感じながら暮らすことができます。また、周辺に緑が多く、公園や遊具が充実した団地も多数あるので、子どもと一緒に安心して遊べる環境も整っているのです。

リノベーションされた部屋のポイントをチェック!

さて、リノベーションされた部屋はどんな感じなのか、紹介しましょう。今回訪れたのは、神奈川県横浜市金沢区にある部屋。気になる水回りや収納をチェックしていきます。

【浴室・洗面台・トイレ】
浴室は、新しい設備が取り付けられ、追い炊きなどの機能が使えます。レトロな水色のタイルもアクセント。
洗面化粧台も、きれいなものが設置されています。収納棚も充分な容量。
トイレがきれいなのはもちろん、壁紙も新しく張り替えられていてピカピカです。
【キッチン】
使い勝手が良さそうな新しいシステムキッチン。シンクが広くて、コンロも3口付いています。これなら料理がはかどりそうです。
【収納】
長めの丈のコートがそのまま入る高さのクローゼット。その他にも掃除機なども余裕で入る納戸や、大容量の押入れサイズの収納もあり、かなり使い勝手がよさそうです。

リノベーションされた部屋は、水回りを中心に新しい設備に付け替えられ、どの空間もより使いやすくなっていて、古さを感じません。そして何よりも魅力なのは、リノベーション前からの特徴である、団地ならではの広い空間や、豊富な収納を生かしている点。いいとこ取りのぜいたくな部屋に生まれ変わっていました。

企業との共同プロジェクトで実現したリノベーション物件は、個性的な部屋ぞろい。子育て世代や女性向けの部屋も!

URでは、企業との共同プロジェクトで実現した部屋や、子育て世代や女性にうれしい工夫が満載の部屋など、住む人に合わせて作られたリノベーション物件も多数展開しています。それぞれのライフスタイルに合わせて考えられた部屋は、どれも個性的です。

【MUJI×UR 団地リノベーションプロジェクト】
古いもののよさを生かしつつ、今のライフスタイルに合うようにつくられた部屋です。団地の空間を引き立てる新しい素材の床や、自分の暮らし方に合わせて組み合わせができるキッチンなど、楽しいアイデアを取り入れています。無印良品ならではのシンプルさと、使い勝手のよさが特徴です(写真上)。
【イケアとURに住もう。】
環境に優しく、季節やライフステージの変化を楽しみながら、豊かに暮らし続ける「サステナブル・リビング」がコンセプト。家族の成長に合わせて快適な暮らしを楽しめるよう工夫されたつくりになっています。壁紙や床材もカラーコーディネートされていて、他にはないデザインが魅力的です(写真左下)。
【レトロモダンでおしゃれな空間】
「懐かしいけど、新しい」がテーマ。もともとの団地らしいデザインを残しながらも、水回りを中心に設備を新しくし、暮らしにフィットするレトロな住まいを提案しています(写真右下)。
【大人の女性や子育て世代にうれしい部屋】
アクティブな女性の住まいをイメージしてURの女性職員が考えた部屋や、子どもの安全を考えた工夫やママならではの視点を取り入れた部屋もあります。モニター付きインターホンなどのセキュリティ、広く快適なキッチン、たっぷりの収納など、働く女性や子育て世代にうれしい設備が満載です。

過去に建てられた団地を、今の暮らしに合わせて変化させてきたURのリノベーション。長い年月を経て築き上げられてきた住環境の良さに加え、グリーンマネージャーによる植物管理など、しっかり住宅管理を行っているといった安心面も快適な暮らしにつながっているようです。

記事のまとめ

URのリノベーションは、本来の部屋の特徴を生かしつつ今の暮らしに合ったつくりに!

  • ・気になる水回りは新しい設備に付け替えられ、清潔で使いやすい
  • ・無印良品やイケアと一緒に開発した部屋、女性にうれしい部屋、子育てしやすい部屋など種類も豊富
  • MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト

    日本の暮らしのスタンダードを追求してきたUR都市機構と無印良品が、長く心地よく住まうことができる「賃貸リノベーション」の新しいかたちを提案。団地の良さを見直し、優れた部分を生かしながら、これまでにない賃貸住宅をつくる活動です。

    HP:https://www.ur-net.go.jp/chintai/muji/

  • 「イケアとURに住もう。」プロジェクト

    “自分らしく快適に暮らすアイデア”をたくさん提案するイケアと“長く住みたくなる空間”を提供するURが「サステナブル・リビング」*をコンセプトに展開するプロジェクト。首都圏をはじめとする全国で展開中で、対象住戸に入居いただく方には、イケアスタッフによるホームファニッシングコンサルティングサービスを実施中!
    *サステナブル・リビングとは、環境に優しく、季節やライフステージの変化を楽しみながら、豊かに暮らし続けること。

    HP:https://www.ur-net.go.jp/chintai/ur_ikea/

あなたにおすすめの記事