URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

収納力に優れたリラックスできる寝室に!賃貸でもOKなDIY術をユージさんがレクチャー

ペーパーマガジン『Pacoma』の人気連載「おしかけDIY」がUR賃貸住宅に出張! 人気タレントのユージさんが、家の悩みを得意のDIYで解決します。この連載では、実際にユージさんがURの「現地案内所」を訪れて、UR賃貸住宅を華麗にDIYしてくれちゃいました!

自分の時間を楽しめる寝室にしたい!

今回ユージさんが訪れたのは、愛知県名古屋市にあるUR賃貸住宅。こちらの営業窓口では、実際の部屋でお客さまをお迎えしています。担当の和田さんは、寝室のイメチェンを検討中。趣味の時間もゆっくり過ごせる空間にできないかと考えている様子です。

そこで、ユージさんが提案したのは「収納力に優れたリラックスできる寝室」。便利なアイテムを活用することで、壁や柱に穴を開けずに収納力をアップ。好きなものに囲まれた空間をつくり上げます。「梁のデッドスペースを使った壁面棚と、天井まで届く壁面収納、2つの収納スペースをつくるから、いろんなアイテムが置けちゃう! おしゃれなライト付きのブックスタンドもDIYして、リラックスできる雰囲気にしちゃうよ♪」(ユージさん)

今回使うものはこちら

【必要なもの】※写真上段左から

  • ・フック コート CM(ブラック)
  • ・LABRICO(ラブリコ)2×4 ジョイント オフホワイト
  • ・LABRICO(ラブリコ)2×4 アジャスター オフホワイト

いざ、スタート!

UR都市機構 住宅経営部 和田さん

今回の依頼人

UR都市機構 住宅経営部 和田さん

眠る前の時間をぐっと充実させるために、リラックスできて趣味なども楽しめる寝室にしたい!と考えているようです。

  • step1

    枕元の壁面棚を作ろう!

    枕元の横に立てる壁面棚を作る。まずは、底板に柱を2本固定。きちんと直角になっているか確認して留めよう。

  • step2

    木材に棚受けの金具をつけよう!

    次は、棚にする木材に、棚受けの金具を取り付ける。金具の位置がずれないよう、取り付け位置に鉛筆で線を引いておくとやりやすい。

  • step3

    壁面棚をアジャスターで壁に設置しよう!

    STEP1の壁面棚の上にLABRICOのアジャスターを取り付け、突っ張り棒の要領で留める。ベニヤ板を挟めば、負荷が分散して跡が残らない。

  • step4

    棚を柱に取り付けよう!

    STEP2で作った棚を、 STEP3で壁に留めた柱に取り付けていく。取り付ける場所に前もって目安の線を引いておけばズレる心配もない。

  • step5

    ベッド横の壁面収納を作ろう!

    つづいて、ベッド横に立てる壁面収納を作製。短い木材をラブリコのジョイントで組み合わせれば、天井まで届く柱が簡単に作れる。

  • step6

    柱をアジャスターで天井に固定しよう!

    STEP5で組んだ柱の上下にLABRICOのアジャスターを取り付け、天井に固定する。柱が垂直になっているかしっかり確認して。

  • step7

    柱にフックを取り付けよう!

    STEP6の柱におしゃれなフックを取り付ければ、壁面収納の完成。フックの高さや数は、掛けたいものを想定して調節しよう。

  • step8

    ライト付きブックスタンドを作ろう!

    最後に、2×4材を組み立てて、L字形のブックスタンドを2つ作る。片方にソケットと電球を付ければ、ライト付きのおしゃれなスタンドに。

すてきなおやすみタイムを過ごせる寝室が見事完成!

梁の出っ張りスペースを有効活用して、収納力をグンとアップ。ライト付きスタンドがあれば手元も明るく、就寝前の時間を快適に過ごせます。「眠る前に読む本や室内で羽織るガウンなどもすっきりと片付くはず。すてきなおやすみタイムを過ごしてね!」(ユージさん)

賃貸でもあなたらしいお部屋づくりを

賃貸住宅には原状回復義務がつきものですが、使用するアイテムやアイデア次第で賃貸住宅でもDIYができるんです! まずは手軽なDIYからはじめてみて、あなただけのお気に入りの空間をつくってみませんか?

記事のまとめ

壁面のスペースを生かしたDIY術で、収納力に優れた寝室に!

  • ・壁の出っ張り(梁)を生かして作る壁面棚
  • ・アジャスターを使えば、壁に傷をつけずに壁面収納が作れる
  • ・照明付きのブックスタンドで、手元を明るく
記事で紹介したURの物件はこちら
あなたにおすすめの記事