URくらしのカレッジ

ゆたかなくらしって? へや×DIY

自分の手で生活をおしゃれに変える!DIYの楽しさをワークショップで体験

北海道札幌市南区にある澄川団地で、UR職員によるDIYワークショップを開催! 読者モデルの垰(たお)智子さんが有孔ボード(等間隔に穴の空いた板)を使ったDIYに挑戦し、オリジナルのアイテムを自分の手でつくる楽しさを体験しました。

有孔ボードを使った小物置きづくりに挑戦!

DIYワークショップに参加した垰さんがチャレンジしたのは、有孔ボードで作る小物置き。玄関の鍵掛けや、大きさを変えてキッチンの調味料置き棚にするなど、いろいろと便利そうです! 教えてくれたのはUR職員の彦坂俊介さん。そのつくり方をご紹介します。

今回使うもの
有孔ボード(今回は29.7cm×21cm)
角材(長短各2本。15mm角のものを、有孔ボードの周囲の長さに合わせてカット。)
好みの塗料
はけ
有孔ボード用フック、など

材料は、ホームセンターや100円ショップで手に入ります。

つくり方

①まず、有孔ボードを好みの塗料で塗ります。
垰さんは北海道の空をイメージし、青と白の塗料を混ぜ合わせて水色に。はけで色むらが出ないように塗っていきます。

②枠として使用する4本の角材も好みの色で塗ります。ブラシ付きのマニキュアタイプの塗料なら、塗るのも簡単。
長いほうの角材は両端を塗るのを忘れずに!

③塗り終わったら、うちわであおいで塗料を乾かします。

④乾いたら、有孔ボードの周囲に角材を木工用ボンドで貼りつけます。
ボンドを付けすぎると、はみ出て、見た目を損なうので注意して!

⑤有孔ボード用のフックを付ければ出来上がり!

  • 北海道の青い空にハスカップの実。さわやかですね。
  • カラフルなストライプがかわいい!

賃貸でも、リメイクシートで手軽に模様替え!

隣のブースで行われていたのは、キッチンのリメイクシート貼り体験。使用していたのは、貼ってはがせる装飾シート。賃貸でも手軽に使えるシールタイプの壁紙です。女性一人で簡単に貼れて、失敗したなと思ったら、何度も貼り直しができるのがよいところ。初心者でも安心ですね。
上手に貼るポイントは、シールをはがしながら、上からタオルなどで押さえながら空気をしっかり抜くこと。キッチンカウンターや棚など、取っ手が付いている場合は、貼る前に外しておくとよいそうです。

あっという間に貼れて、仕上がりもおしゃれ。思わず部屋の模様替えをしたくなりました。

電動糸ノコで、動物のかわいい木工アート

別のブースでは、DCMホーマック協力のもと、電動糸ノコを使った木工細工の体験も行われていました! 電動糸ノコの達人が丁寧に教えてくれます。
まず、木片に動物のかたどりをして、電動糸ノコでその形に切り取っていきます。そして好みの色に塗れば、出来上がり! ピンにしたり、磁石にしたり、子どもの名札にしたりと、いろいろ楽しめそうですね! 電動糸ノコを上手に使えるようになると、パズルをはじめ、車の形やオルゴールなど、少し複雑な形の木工アートを作れます。

手軽に手作りしておしゃれに暮らしに生かす。その楽しさが実感できたイベントでした!

澄川(UR賃貸住宅)

北海道札幌市南区澄川6条3丁目2番
最寄り駅は、「さっぽろ」駅まで約13分という地下鉄南北線の中でも人気の高い「澄川」駅。団地の近くには、コープさっぽろをはじめスーパーマーケットやコンビニが充実。また、徒歩圏内に、DCMホーマック(大型ホームセンター)があり、生活に便利な環境です。また、敷地内はもちろん、近隣に多くの公園や緑地があり、子育てにも適しています。

あなたにおすすめの記事