• コミュニティ
  • まつり/フェス
  • まちづくり
  • まち紹介/探訪
  • 団地
  • 子ども
  • ファミリー
  • イベント
  • 安心・安全
  • 東京

ゆたかなくらしって? ひと×コミュニティ

住民による手作りのお祭り「東雲祭」 地域の方々の参加で、バラエティ豊かな模擬店やステージが実現!

東京都江東区にあるUR賃貸住宅「東雲キャナルコートCODAN」では、毎年恒例となっている「東雲祭」が開催されました。高層マンションが建ち並び、新しい街づくりが進むエリアですが、人と人がつながり合う、今も昔も変わらないぬくもりがありました。

定番のカキ氷からマトリョーシカまで!?

「東雲キャナルコートCODAN」の中央を通るS字アヴェニューで行われる夏の一大イベント「東雲祭」。子どもたちは浴衣や甚平を着て、この日を楽しみにしていた様子。定番のカキ氷、綿菓子、フライドポテトから、シフォンケーキ、コーヒー、そして五目いなりなどのちょっと珍しいものまで、たくさんの模擬店が軒を連ねていました。
これらの模擬店、実はS字アヴェニュー沿いや近隣の店舗や、地域住民サークルによるもの。
ざりがに釣り、ステンシルのワークショップコーナーなど楽しい体験のほか、地元の消防団とのつながりにより実現した東京湾岸警察署によるパトカーや深川消防署による消防車の展示などバラエティ豊かな出店があり、会場はたくさんの人でにぎわっていました。

模擬店の中で特に目を引いたのは、マトリョーシカの絵付け体験。白木のマトリョーシカに、自分で好きな色を塗るこのワークショップは、子どもだけでなく、ついつい大人も夢中に! 出店者であるマリナさんは、この「東雲キャナルコートCODAN」にお住まいとのことで、出店のきっかけを聞いてみました。
「前から、『もっと多くの人に、故郷・ロシアの民芸品であるマトリョーシカを広めたい』と思っていたところ、『東雲祭』を知り、ワークショップという形で出店しました。マトリョーシカは、家族のシンボルを具現化したものなので、こういった家族が多い場でロシアの文化を知ってもらえるのはうれしいです。」
東雲祭や他のイベント(フリーマーケットやクリスマス等)を通じて友人も増え、ますます東雲が大好きになったそうです。こうしたイベントがきっかけになって、交流が生まれているのですね。

お祭りで見えてきた、まちを支えている施設

S字アヴェニューの一角には、綿菓子を求める人で大行列が! 昔ながらの機械で作られるやさしい味に、みんなが笑顔になっていました。この模擬店は、「東雲キャナルコートCODAN」でデイサービスを運営し、地域の高齢者を支えている「セントケア東雲」のみなさんによる出店です。
「東雲祭では、普段なかなか話すことのない子育て世代と、触れ合うきっかけになっています。地域内にデイサービスがあることを知ってもらえるのはありがたいです」と話すのは、施設の管理者である和泉康弘さん。最近では、若い夫婦が両親との近居を検討し、施設の見学にくることも。居住場所の近くに、デイサービスがあれば安心ですね。

会場の中央にあるウッドデッキ前のステージでは、地元チームによるダンスや体操の発表会が行われ、大勢の観覧者が集まっていました。ジャズダンスを披露した小学生の「まなびば」チームは、この日のために一生懸命、練習を重ねてきました。そもそも「まなびば」は、「東雲キャナルコートCODAN」内にある習い事教室。英会話をはじめ、ダンス、そろばん、大人向けのヨガなど、レッスン内容は多岐にわたります。教室は、車が通らないS字アヴェニューに面しているので、安心して子どもを通わせられるとママたちにも評判。教室を卒業した子どもがふらりと顔を出すなど、すっかりこの地域で暮らす子どもたちの居場所にもなっているんですね。

みんなの願いが実った夏祭り

多くの人でにぎわう東雲祭。実は、初めて開催されたのは、キャナルコートへの入居が始まってから10年目のことでした。入居開始当初から、住民から夏祭りを希望する声は多かったものの、お祭りは地域住民や出店者などの協力が不可欠。10年という年月の中で徐々に地域のつながりが深まり、多くの方の参加や協力が得られるようになりました。そして、いざ思い切って開催を決めると、想像以上の参加や来場があり、多くの人が待ち焦がれたお祭りであることが改めて分かりました。
運営や案内役など、今も東雲祭を支えているのは、この地域に住むボランティアのみなさん。今回も、何カ月も前から東雲祭実行委員会を立ち上げて、準備を進めてきたのだそうです。特に、大人気のゲームコーナーでは、未就学から小学生までのキッズボランティアが大活躍。まさに東雲の住民の結束による、手作りのお祭りなんですね。住民同士がちょうどいい距離感でつながり合い、いざという時には協力し合うこの心地よさが、「東雲キャナルコートCODAN」が人気の秘密なのかもしれません。

  • 東雲祭前日の準備においてもキッズが大活躍
  • 大きな声で来場客を案内するキッズボランティア

東雲キャナルコートCODAN(UR賃貸住宅)

東京都江東区東雲1-9
東京メトロ有楽町線「辰巳」駅から徒歩6分。6つの街区には、それぞれ著名な建築家が携わったデザイナーズ住宅があります。便利で都会的な暮らしを送ることができる立地でありながら、コミュニティの取り組みも活発で地域イベントも多く開催されています。