• インテリア
  • 団地
  • DIY
  • 東京

ゆたかなくらしって? へや×DIY

ユージさんが賃貸でDIY!?玄関まわりに整理収納をプラス

ペーパーマガジン『Pacoma』の人気連載「おしかけDIY」がUR賃貸住宅に出張! 人気タレントのユージさんが、家の悩みを得意のDIYで解決します。この連載では、実際にユージさんがURの「現地案内所」を訪れて、UR賃貸住宅を「模様替え申請」で華麗にDIYしてくれちゃいました!

玄関まわりの収納を増やしたい!

今回ユージさんに依頼があったのは、東京都葛飾区の青戸第一団地にあるUR賃貸住宅の営業窓口。担当の三浦さんに案内されたのは、ドアから入ってすぐの玄関スペース。「玄関に収納がないので、お客様用のパンフレットを置く棚や、傘を置く場所があれば嬉しいのですが…。しかも玄関は、家の〝顔?ともいえる空間。ユージさんのセンスで、賑やかかつ使い勝手のいい玄関スペースをDIYしてほしいです!」

そんな三浦さんの要望をきいたユージさんの秘策は…? 「玄関は人が出入りする場所だから、なるべくスペースが狭くならないようにしないとね。スノコで作る収納棚やマグネット式の傘立てを設置するのは、どう? 壁面とドア面を活かした収納をいろいろDIYしたいと思います!」(ユージさん)

今回使うものはこちら

今回は、こちらの道具を使います。
写真上段左から、レンガ、スプレー塗料(レッド、イエロー)、コートフック、45×115cmのスノコ、マグネット式キーフック、多用途接着剤、マグネット、水性塗料(ダークブラウン)、壁面収納金具の「壁美人」。その他、塗装用プライマーも用意します。

いざ、スタート!

現地案内所を訪れるお客様が最初に足を踏み入れる玄関は、広々としながらもどこか殺風景。「ここに来るのが楽しみになる玄関にしたいんです」と三浦さん。

>神奈川エリア経営部 鈴木さん写真

今回のお悩み人

東京北エリア経営部 三浦さん

東京都内のUR賃貸住宅の営業を担当する。趣味は旅行。
「秋に仙台・女川を訪れる旅行の計画を立てています。」

①まずはパンフレットなどを置く収納棚をつくる。スノコの左右の端と、げた(桟)の部分に板材をねじ止めする。

②ダークブラウンの水性塗料で着色する。スノコの裏面から塗料を塗り始めると、液ダレもなくきれいに仕上がる。

③スノコのげたから約15cmの部分にアルミパイプを設置。壁に立てかけ、足元にレンガを置いて固定。(※1)

④市販のコートフックは、サンドペーパーで表面を削ってから着色。塗装したくない部分は、しっかり養生すること。

⑤マグネット式の小物入れと傘立ては、塗装用プライマーで下塗り後、スプレーで着色。鮮やかな黄色でポップな印象に。

⑥あらかじめ切り抜かれたアルファベットの板を用意。空間の明るいアクセントとなるよう、赤いスプレーで塗装。

⑦アルファベットの裏面に、多用途接着剤でマグネットをつける。大きい文字は2~3か所につけるとよい。

壁面のスペースを有効活用

コートフックを設置し、塗装したアイテムをマグネットで貼り付けていきます。

⑧コートフックを設置するため、『壁美人』を壁2か所に取りつける。ステープラを使って留めるので簡単。(※2)

⑨裏面に受け金具を取りつけたコートフックを、壁美人に引っ掛けて固定する。ミラーも同様の方法で設置。(※1)

⑩アルファベットやキーフック、傘立てはマグネットでドアに貼りつけ。傘などの小物を収納して完成。(※1)

見せて収納できる明るい玄関の完成!

必要なものがスッキリと収納された、賑やかな玄関スペースの出来上がり。「収納棚とコートフック、ミラーを同じ色にしたことで、統一感も生まれたね。」(ユージさん)

実際のDIYの様子はこちら!

UR賃貸住宅の「模様替え申請」って?

UR賃貸住宅は入居後に「模様替え申請」を提出すればさまざまなDIYが可能です。しかし、なかには申請が不要なものや退去時の現状回復が免除されるケースも。詳しくは「UR 模様替え」で検索してください。

今回のDIYで必要な模様替え申請

  • ※1 収納棚やアルファベットの飾り、傘立て、キーフック、ミラー等の設置は申請不要だが、退去時に原状回復が必要。
  • ※2 壁面収納金具の取り付けは、「壁美人」などステープラタイプのものならば申請不要。しかし、下地ボードの貼り替えが必要となるほど壁に大きく穴が空いた場合は、敷金から清算する形で原状回復が必要。

今回の「玄関DIY」はこちらのUR営業窓口で公開中です!
UR青戸現地案内所

東京都葛飾区青戸3-16 青戸第一団地25号棟103号室
お部屋の紹介や内覧の予約など、各種ご相談ができる営業窓口。