• インテリア
  • 男性
  • 全国

ゆたかなくらしって? ひと×生活

間接照明やIOTグッズでおしゃれに暮らそう。インテリアスタイリストに聞く、空間演出のワザ

家具を空間に着せて、世界観を作り上げるのがインテリアスタイリストの仕事。その最先端で活躍する窪川勝哉さんに、おしゃれに快適に暮らすためのテクニックや注目のグッズを教えてもらいました。

心地よく、おしゃれな空間にするためのテクニックを教えてください。

「インテリアでは、間接照明がとても重要です。皆さんも、携帯電話やカメラで顔写真を撮影するとき、内蔵のフラッシュを使うと、表情がのっぺりしてしまったという経験があるかと思います。インテリアの場合も、天井からの一つのライトだけで空間を照らすと、空間がのっぺりしてしまうんです。ですから、補助光としてソファのわきに読書灯をプラスする、天井に反射させるスタンドライトをプラスするなど、適材適所に間接照明を足してあげると効果的です。中でも、クリスタルガラスのLED(発光ダイオード)照明がイチオシ。床やテーブルにも置ける小さなモノがおすすめですよ。」

今、注目のインテリアグッズって何でしょう?

「IoT製品が注目されています。IoTとは、Internet of Things(モノのインターネット)のことで、インターネットにさまざまな“モノ”を接続することを意味します。その中でも、『おもしろいな』と注目しているのが『mornin’』というアイテム。カーテンレールにモノレールみたいな形で滑車をぶら下げておくんですが、スマートフォンと連動していて、起きたい時刻を設定しておくと、その時刻になると滑車の力でカーテンを押し開いてくれます。太陽の光で自然と目覚めることができるんですね。IoTの最先端の技術と、滑車の力でカーテンを押し開くというアナログ感のミックスがおもしろいなと思います。」

窪川 勝哉さん写真

窪川 勝哉さん

インテリア&プロップスタイリスト。インテリアのみならずクラフトから家電、クルマまでプロダクト全般に造詣が深いインテリア&プロップスタイリスト。雑誌「ELLEDECOR」「LEON」「GOETHE」「GQ」などでのインテリアスタイリングほか、時計や化粧品、ジュエリーカタログなどマクロな世界でのプロップスタイリングも数多く手がけている。また、雑誌やTVなどメディアでのスタイリングだけでなく、ウインドウディスプレイやマンションのモデルルーム、イベントのデコレーション、プロダクトデザインに関するアドバイザーなども手がける。2011年渡英し、2013年帰国。再び拠点を ロンドンから東京に移し活躍中。