セミナー・見学会等の活動報告

UR都市機構ウェルフェアカフェ
「集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所」

 UR都市機構は、少子高齢化への対応、地域包括ケアシステムの構築に資するため、UR 賃貸住宅団地を含む地域一体で、地域の方々と連携・協力し、支えていく『地域医療福祉拠点化』の取組みをすすめています。
 このたび、医療・福祉の現場で働いている方、今回のテーマについて興味のある方を対象とした「UR都市機構ウェルフェアカフェ」を実施し、「UR団地における地域医療福祉拠点化の取組み紹介」や『おおた高齢者見守りネットワーク(みま~も)』の発起人である澤登久雄氏による講演、そして『未来をつくるkaigoカフェ』代表である高瀬比左子氏をコーディネーターとしてお迎えし、グループディスカッションを行いました。

開催概要

日 時:平成29年3月13日(月) 19:00~21:30
出席者:URウェルフェアネットワーク会員様 43名 / UR都市機構職員・事務局 19名
場 所:いいオフィス
主 催:UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア研究室

当日の様子

当日の流れ

■19:00 開会の挨拶

UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア戦略推進チーム
チームリーダー 古賀夏子



事例紹介・ゲスト講演

■19:05

■UR団地における地域医療福祉拠点化の取組み紹介
 UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部ウェルフェア戦略推進チーム
 チームリーダー 古賀夏子

■URの高齢者相談窓口・生活支援アドバイザーの紹介
 UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア研究室
 室長 川上由里子

■ゲスト講演 「わがまちのために、自分たちができること! ~みま~もの取り組みから~」
 大田区地域包括支援センター入新井
 センター長 澤登久雄氏

グループディスカッション

■20:00
グループディスカッション
「集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所~外出の機会をつくるには~」
 コーディネーター 未来をつくるkaigoカフェ 代表 高瀬比左子氏


■21:15
閉会の挨拶
UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア研究室
室長 川上由里子


URの取組み紹介・ゲスト講演

チームリーダー古賀夏子
UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部
ウェルフェア戦略推進チーム チームリーダー 古賀夏子

テーマ:UR団地における地域医療福祉拠点化の取組み紹介


        地域医療福祉拠点化
    ↑地域医療福祉拠点化の取組みにつきましては、上記ホームページをご参照ください


室長 川上由里子
UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部 ウェルフェア研究室
室長 川上由里子


テーマ:URの高齢者相談窓口・生活支援アドバイザーの紹介

        ウェルフェアに関連する各種制度・サービス
    ↑生活支援アドバイザー・高齢者相談員につきましては、上記ホームページをご参照ください


センター長 澤登久雄氏
大田区地域包括支援センター入新井
センター長 澤登久雄氏

テーマ:「わがまちのために、自分たちができること!~みま~もの取り組みから~」

        おおた高齢者見守りネットワーク(みま〜も)
    ↑取組みにつきましては、上記ホームページをご参照ください



グループディスカッション

「集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所~外出の機会をつくるには~」というテーマで、グループディスカッションを2セット行いました。参加者の皆様から、A2ペーパーが埋め尽くすされるほどの様々なご意見やご提案をいただきました。
 お仕事でのご経験やUR都市機構に対する思いなど、参加者の皆様からいただいた貴重なご意見は『UR都市機構の地域医療福祉拠点化』の取組みの参考とさせていただきます。

テーマ
「集合住宅で暮らし続けるために必要なもの・こと・人・場所~外出の機会をつくるには~」


高島平団地マネージャーコーディネーター
未来をつくるkaigoカフェ 代表 高瀬比左子氏


  • ゆいま~る高島平(住戸)
  • ゆいま~る高島平(住戸)
  • ゆいま~る高島平(フロント)

  • 高島平ココからステーション

    ▲グループディスカッションにはUR都市機構職員・事務局員も参加。

  • 一般住戸
  • MUJI×UR(企画住戸)

    ▲閉会挨拶
    UR都市機構 ウェルフェア総合戦略部
    ウェルフェア研究室 室長 川上由里子


参加者全員で記念写真 
▲参加者全員で記念写真

「U」     「R」

参加者の声


ご参加いただきました方々のURの取組みに関するご意見(感想)等を一部ご紹介いたします。

本日は大変勉強になりました。視野を広くなって前向きに活動を続けていこう!と思いました。
ありがとうございました。
[介護職]

URの地域医療福祉拠点化のコンセプトを聞き、地域に必要な組織づくりをされていると知りました。
[介護職]

URには高齢化や多世代が暮らす為の取組みがあると感じました。
[介護職]

URの取組みがこんなに地域に浸透していると分かり驚きました。
[介護職]

URは積極的に高齢社会に向き合っていると感じました。
[医療・看護職]

一覧に戻る