[ UR都市機構ホームへ ]

UR都市機構

都市デザインポータルサイト



過去の入賞作品をご覧になれます。

全国団地景観サミット2010 UR賃貸住宅「団地景観フォト&スケッチコンテスト」審査結果
フォト大賞 スケッチ大賞

手伝いたいの

田中 由香さん
西上尾第二(埼玉県)

パンパンに膨らんだ落ち葉の袋。この秋の収穫です。こんなところに幼児と出くわしたら、手伝いたい攻撃にあってしまうのです。しかし大きな溝を渡らないと掃除のおじさんの方へ行けません。自分の体ほどある袋を協力して運ぶ姿と、それをじっくり待ってくれるおじさん。ゆるやかな時間です。

【 審査員からのコメント 】

本城直季氏

日常のとある一瞬を切り撮った写真ですが、この団地でのコミュニティーの一幕を良く写し出したものだと思いました。子供は意外と親の知らないところで、周辺住民か、関係者とコミュニケーションをしっかり取ってたりしてますね。

写真を拡大

冬の朝

朝岡 満子さん
辻堂(神奈川県)

「待って」と女の子がゴミ回収車を追って来る。共稼ぎの親の手伝いでしょうか、回収のお兄さんも「アイヨ」と心よく受け取って来れました。その様を見た富士山と、松下政経塾の塔が云っている様に私には思えました。「君達偉いねぇ。その気持ちを忘れずに真っすぐ真白に育って、ドジョウみたいに泥水を飲んでも、ねじれのない日本にね。」

【 審査員からのコメント 】

千葉学氏

何とも不思議な魅力に溢れた作品です。独特の色づかい、デフォルメされた建築や車、シンボリックな富士山、その中で妙にリアルに描かれているゴミ収集の光景。これらが生み出す絶妙なバランスが逆に団地での日常の豊かさと、そこに向けられた作者の熱い想いを伝えています。

写真を拡大



団地景観フォト&スケッチコンテストとは

全国で約1,700あるUR賃貸住宅には、人がふれあう暮らしの風景や、年月を経て育まれた緑豊かな環境があります。そんな団地ならではの魅力を皆様に発見していただき、写真やスケッチにしてご応募いただくことで、団地が地域の財産として価値あるものであるという認識を、団地にお住まいの方のみならず、地域にお住まいの方々とも共有することを目指しています。また、団地でのコミュニティ活動や美しい景観作り、環境配慮のための活動など、UR都市機構の取り組みについて、より多くの皆様にお伝えする機会として考えています。
「全国団地景観サミット」というネーミングは、コンテストにご応募いただいた作品を通じて、全国の団地それぞれがもつ、代表的、あるいは特徴的な美しい「団地景観」が一堂に会することを「サミット」になぞらえています。




応募結果

作品応募数 683作品   ( フォトコンテスト 580作品 / スケッチコンテスト 103作品 )
1次審査通過作品数 312作品  ( フォトコンテスト 252作品 / スケッチコンテスト  60作品 )

入賞数
フォトコンテスト

フォト大賞 1作品  最優秀賞 1作品  優秀賞 3作品
スケッチコンテスト
スケッチ大賞 1作品  最優秀賞 1作品  優秀賞 3作品
全作品を対象として
審査員賞 5作品 キッズ・ジュニア賞 5作品
特別賞34作品 ( ふれあい賞6作品 季節賞6作品 団地景観賞6作品 メッセージ賞8作品 入選8作品 )

千葉 学氏 / 東京大学大学院准教授 建築家

1960年東京都生まれ。’85年東京大学工学部建築学科卒業。’87年同大学院工学系研究科建築学専攻修士課程修了。株式会社日本設計、ファクターエヌ共同主宰を経て、’01年千葉学建築計画事務所設立。’09-‘10スイス連邦工科大学客員教授。現在、東京大学大学院准教授、早稲田大学芸術学校非常勤講師、日本女子大学家政学部住居学科非常勤講師。2007年度日本建築家協会賞、2009年日本建築学会賞(作品)ほか多数受賞。
主な著書に「窓のある家」「rule of the site そこにしかない形式」など。

本城 直季氏 / 写真家

東京生まれ。東京工芸大学大学院芸術学研究科メディアアート専攻修了。4×5判カメラを使用して人物や風景などをミニチュアのように撮影する独特のスタイルを確立する。写真集「small planet」で第32回木村委兵衛賞を受賞。
作品はメトロポリタン美術館やヒューストン美術館にコレクションされている。

松田 妙子氏 / 

NPO法人せたがや子育てネット代表理事
NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 理事

1969年東京都渋谷区生まれ。社会福祉学科卒業後、青山・こどもの城に勤務。夫の転勤に伴い三重県津市で子育てをはじめる。平成12年東京都世田谷区にて地域に根ざした産前・産後の相互支援活動を目指し、子育て支援グループamigoを立ち上げる。
「NPO法人せたがや子育てネット」代表理事として、子育て支援ネットワークに取り組む。UR都市機構と協働で「団地内での立ち話を増やそう!」と、芦花公園団地でのキッズスペースぶりっじ@rokaを運営中。

さかた しげゆき氏 / イラストレーター

1973年神奈川県生まれ、京都育ち。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科卒業。広告制作会社を経て1997年よりフリーイラストレーターとして独立。広告、書籍、雑誌等で活動中。
著書に「六本そでのセーター」(令丈ヒロ子・作)「もしも原子が見えたなら」(板倉聖宣・作)がある。東京イラストレーターズソサエティ会員。

池邊 このみ氏 / ランドスケーププランナー

1957 年東京都新宿生まれ。千葉大学大学院園芸学研究科 教授 博士(学術)
千葉大学大学院修了後、住信基礎研究所、ニッセイ基礎研究所に勤務。2010 年3 月まで3 カ年、UR都市再生機構、都市デザインチームリーダー(兼務)を務める。千葉県景観審議会副委員長他、港区、板橋区、町田市等で景観審議会委員、国土交通省都市景観大賞、港区景観街づくり賞等の審査委員等を務める。



独立行政法人都市再生機構 〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町6-50-1 (横浜アイランドタワー5階〜18階)

All Rights Reserved. Copyright (c) 2004-2012 Urban Renaissance Agency.