定期借家募集

一部の団地においては、将来団地再生事業等を行うことが予定されているため、定期建物賃貸借契約(定期借家契約)により出店希望者を募集しています。定期借家契約は、契約期間があらかじめ定められた契約で、賃貸料が割安です。

通常募集(先着順受付)の募集要項に以下の条件が付加されます。

賃貸条件

定期借家

  • 施設の契約は、借地借家法第38条の規定に基づく定期建物賃貸借契約となります。
  • 契約期間は、使用開始可能日から各施設ごとに指定する日までとなります。
  • 契約期間の満了により、賃貸借契約は更新されることなく終了します。契約期間の満了日までに施設を明け渡していただくことになります。
    ただし、契約期間終了後、継続して再契約が可能なケースもあります。
    (契約条件の期間などが従前と異なる場合もありますので、随時、ご相談ください)

店舗

  • 定期借家契約により出店される方には、機構の事業に対するご理解、ご協力をいただくとともに、対象施設を含む区域が、将来団地再生等の事業に着手した場合でも、代替施設のあっせんおよび移転費用の支払い等は一切ありません。あらかじめご承知おきください。