入居後のご案内(先着順)

入居後のご案内

団地の管理・修繕について

UR都市機構では、以下のような体制で団地の管理・修繕、及びご入居の皆さまの快適な共同生活のお手伝いをしています。

  1. 団地の管理
    UR都市機構の団地管理の組織として、本社及び東日本賃貸住宅本部・各支社に住宅経営部等、地域別に一定の範囲の団地を管理する住まいセンター等があり、ご入居の皆さまと直接のつながりのあるほとんどのことがらは、住まいセンター等が対応します。また、各団地には一部の市街地住宅等を除いて、管理サービス事務所が設けられており、管理主任や窓口案内者(ゆあ~メイト)が皆さまの直接の窓口となります。
  2. 管理サービス事務所・管理事務所
    各団地の管理サービス事務所・管理事務所は、住まいセンター等から派遣された管理主任が巡回し、ご入居の皆さまとの窓口となっています。管理サービス事務所には、管理主任のほかに団地の戸数等を勘案し、必要に応じて窓口案内者・管理連絡員を配置し、皆さまのご相談に応じております。
  3. 住宅の損耗について
    UR都市機構では生活に差し支えないように補修しておりますが、空家住宅は建築後の年数などによって損耗しております。また、リニューアル住宅においても、設備等を再利用している場合があります。多少のしみや汚れはご了承いただきます。
  4. 団地の修繕・改良等
    <修繕>
    住宅などの傷み具合を常時把握し、その状況によって修繕を適切に行うために、外壁、屋上防水、給排水管、道路、遊戯施設などの共用部分の各種部材などを随時又は定期に、点検、調査しています。そこで発見された傷みについては、その都度修繕することとしています。
    また、住宅内につきましては、ご入居の皆さまの負担によるものを除いて、皆さまの申し出により、その原因、状況を調査した上で、その都度修繕いたします。これら修繕のほかに、住宅の耐用の延伸を図るなどのための必要な修繕について、修繕周期などの基準を定めて計画的に修繕しています。
    <団地環境整備>
    広場や遊戯施設、樹木や芝生などのほか、居住者の皆さまの利便に供するため、集会所、駐車場、自転車置き場などの施設を設けております。
    これらの施設も、そのときどきの生活水準、住まい方、周辺環境の変化などに応えていくために、再整備を必要とするものがあり、これらの屋外施設の整備を進めています。UR都市機構では、これを「団地環境整備」といい、個々の団地の状況に応じて計画的に実施しています。
  5. 共益費の使途
    毎月の共益費は、以下のような費用に使われます。
    • (1) 共用灯、外灯に要する電気料及び共用水栓の水道料
    • (2) ゴミ処理に要する費用
    • (3) 給水施設、汚水処理施設、排水施設及び砂場などの遊戯施設の維持運営に要する費用
    • (4) 共用部分の清掃費(原則として中層住宅の階段室を除く)
    • (5) 道路、芝生、樹木などの清掃、手入れ、消毒に要する費用
    • (6) その他ご入居の皆さまの共通の利益を図るために、UR都市機構が特に必要と認めたものに要する費用

入居後の家賃等のお支払いについて

  • 入居後の家賃等のお支払い
    毎月の家賃と共益費の合計額を、UR都市機構の定める日に口座振替による自動引き落としでお支払いいただきます。なお、引き落とし口座は、銀行・信用金庫もしくは郵便局のいずれかをお選びいただきます。

このページの先頭へ