つくばエクスプレスタウン

つくばエクスプレスタウンとは

つくばエクスプレスタウンとは『つくばエクスプレス』沿線に誕生する7つの地区をよびます。

都市機構の街づくりプロジェクト『つくばエクスプレスタウン』。『つくばエクスプレス』沿線の核となる主要な7地区1,611haの街づくりを都市機構が進めています。

案内図

地区名 面積 所在地 計画人口 駅名 秋葉原からの時間
八潮南部中央 72ha 埼玉県八潮市 7,500人 八潮駅 17分
三郷中央 115ha 埼玉県三郷市 12,900人 三郷中央駅 20分
流山おおたかの森 275ha 千葉県流山市 28,600人 流山おおたかの森駅 25分
柏北部東 128ha 千葉県柏市 12,800人 柏たなか駅 32分
つくばみどりの里 293ha 茨城県つくば市 21,000人 みどりの駅 43分
研究学園 葛城 485ha 茨城県つくば市 25,000人 研究学園駅 49分
中根・金田台 190ha 茨城県つくば市 8,000人 つくば駅 45分

つくばエクスプレスタウンのシンボルロゴ

つくばエクスプレス

『つくばエクスプレス』は秋葉原・つくば間58.3kmを最速45分間で結ぶ、首都圏北東部動脈となる鉄道です。鉄道には踏切がなく、全駅に車椅子に対応するエレベーターと上り、下り方向のエスカレーターや、電車の扉の開閉に連動する”可動式ホーム柵”を設置しています。

『つくばエクスプレス』の詳細についてはこちら

このページの先頭へ