自然環境の保全・再生

NATURAL UR(ナチュラル・ユーアール) ロゴ

UR都市機構が行う環境配慮の取組みを『NATURAL UR(ナチュラル・ユーアール) 』として紹介しています。

取組み紹介

都市の自然環境の保全・再生に努めます

 緑と水の豊かな自然環境は、人と動植物とのふれあいの場であり、未来を担う子供達の教育の場でもあります。 また、その自然環境は、防災や地球温暖化抑制など、多くの機能を兼ね備えています。
 この様な、多くの機能を有する自然環境と調和したまちづくりに取り組んでいます。

生物多様性

生物多様性
ひばりが丘パークヒルズ

地域の特性を活かし公園やUR賃貸住宅地内にビオトープ池などの施設を整備して、地域に住む身近な生物が生き続けることができる環境を保ち、生物多様性の保全に努めています。

生物多様性の事例は こちら をご覧ください。


屋上・壁面緑化

屋上・壁面緑化
ライフタウン国領

良好な景観の形成やヒートアイランド現象の緩和のために、昭和52年から屋上緑化に取り組んでいます。現在は既成市街地を中心に建物の屋上や壁面の緑化を行っています。

屋上・壁面緑化の事例は こちら をご覧ください。


雨水地下浸透工法

雨水地下浸透工法
コンフォール柏豊四季台

地区外への雨水流出を最小限に抑えながら地下水の保全を図るために、通路や駐車場などの舗装や、雨水排水のための排水管などを浸透性の高いものにしています。

雨水地下浸透工法については こちら をご覧ください。新しいウインドウを開きます。


環境に配慮した新たな用地管理手法(ヤギ除草)

雨水地下浸透工法
ヤギ除草

草刈り機によるCO2排出や騒音を無くし、環境に配慮した新たな除草工法としてヤギ除草を行っています。

環境に配慮した新たな用地管理手法(ヤギ除草)については こちら をご覧ください。新しいウインドウを開きます。

このページの先頭へ