高規格堤防と阪神高速大和川線との一体的なまちづくり 大和川左岸(三宝)土地区画整理事業
阪神高速大和川線、高規格堤防との一体まちづくり   

堺市の大和川左岸地域では、高規格堤防と阪神高速大和川線の整備が進められてきました。
UR都市機構は、大和川左岸(三宝:さんぼう)地区において国土交通省、堺市と連携を図りながら、高規格堤防整備事業と
大和川左岸(三宝)土地区画整理事業との一体整備を行い、安全・安心のまちづくりを進めています。



新着情報

・2017年11月16日 区画整理だより(第7号)を発行しました。

・2017年11月12日 大和川左岸(三宝)土地区画整理審議会(第一回)を開催しました。

・2017年11月 2日 区画整理だより(第6号)を発行しました。



高規格堤防とまちづくりの一体整備による防災性の向上

―安全・安心のまちづくり―

高規格堤防とは、現状の市街地側に 土を盛り、緩やかな台地のような形状(堤防の高さの約30倍程度の区域)に整備した堤防です。
高規格堤防を整備することで、現在整備されている堤防の計画規模を超えるような極めて大きな洪水が発生した場合でも堤防が決壊することを防ぎ、
市街地を洪水の氾濫による壊滅的な被害から守ることができます。
また、堤防の傾斜が緩やかになり、河川へのアクセス性が向上するとともに、これまでの堤防の川側でない斜面部分(裏法面)を
まちづくりに活用できるため、水辺の空間を活かした快適な住環境を創造することが可能となります。
  

▲このページのトップへ戻る

       

事業計画の概要

 事業名称 南部大阪都市計画事業大和川左岸(三宝)土地区画整理事業
 施行者  独立行政法人都市再生機構(UR都市機構)
 所在地  堺市堺区松屋大和川通、松屋町、南島町の各一部
 施行区域  約13.0ha
 事業期間  H29.6.19~H47.3.31(H41年度換地処分予定)
 事業費  約220億円 
 土地利用計画  
 種目   施行前 施行後 
 (㎡)  (%)  (㎡)  (%)
公共用地  河川 11,687  9.0  11,687 9.0 
 道路  22,706 17.5   31,639 24.3 
 公園  9,300 7.1   ―  ―
 緑地  ―   ―  367 0.3 
 計  43,693  33.6 43,693 33.6 
 宅地   86,473  66.4 86,473  66.4 
 合計   130,165  100.0  130,165 100.0 
     
   
   
   

土地利用計画図


     

▲このページのトップへ戻る


昭和63年 3月 高規格堤防設置区間の決定
平成 7年 9月 都市計画決定(大阪府道高速大和川線)
平成13年 8月 都市再生プロジェクト(第2次決定)「大都市圏における環状道路の整備」
平成14年 2月 高規格堤防整備事業及び大阪府道高速大和川線事業並びまちづくりとの一体整備に関する基本協定
  (国土交通省大和川河川事務所、大阪府、堺市、阪神高速道路公団)
平成20年10月 大和川高規格堤防整備事業及び大阪府道高速大和川線事業と一体的に整備を行うまちづくり基盤整備事業の実施に向けた協定
  (国土交通省大和川河川事務所、堺市、阪神高速道路株式会社)
平成20年11月 大阪府道高速(阪神高速)大和川線の工事着手
平成27年12月 都市計画決定(大和川左岸(三宝)土地区画整理事業)・変更(松屋町公園・松屋大和川通公園)
平成28年11月 堺市からUR都市機構へ大和川左岸(三宝)土地区画整理事業の施行要請 
平成29年 1月 都市計画決定(地区計画(立体道路))
  阪神高速大和川線(三宝~鉄砲)の供用開始
平成29年 6月 大和川左岸(三宝)土地区画整理事業の認可
         

▲このページのトップへ戻る


   

UR都市機構では、土地所有者及び借地権者の皆様へ、大和川左岸(三宝)土地区画整理事業の内容や進捗状況をお知らせするために
「区画整理だより」を発行しております。

区画整理だより第1号 平成29年 6月19日発行(PDF:299KB)
区画整理だより第2号 平成29年 6月27日発行(PDF:287KB)
区画整理だより第3号 平成29年 7月11日発行(PDF:340KB)
区画整理だより第4号 平成29年 9月12日発行(PDF:232KB)
区画整理だより第5号 平成29年10月 1日発行(PDF:172KB)
区画整理だより第6号 平成29年11月 2日発行(PDF:192KB)
区画整理だより第7号 平成29年11月16日発行(PDF:460KB)

     

▲このページのトップへ戻る

  
   
        
     

▲このページのトップへ戻る