桑折町の復興事業の動き

桑折町とURは、平成25年3月22日に基本協定を締結し、相互協力の下、災害公営住宅の整備を進めてきました。
平成27年5月、桑折町より建設支援を受けた、桑折駅前地区において災害公営住宅が竣工し、これをもって、桑折町でのURの復興支援は完了となりました。

復興まちづくり事業の概要

災害公営住宅の整備

地区名 戸数 仕様 状況
桑折駅前 (こおりえきまえ) 47戸 木造戸建 完成・引渡し済


お知らせ

2015年06月04日
【変わる日本の「暮らし」と「まち」】福島県桑折町・桑折駅前団地編を掲載しました。
2015年05月31日
【復興支援だより】桑折(こおり)駅前団地で入居開始
2014年04月10日
【復興支援だより】福島県伊達郡桑折町(こおりまち)桑折駅前地区で工事安全祈願祭
2013年03月22日
桑折駅前の災害公営住宅の整備推進に向け協力関係構築(整備推進に向け基本協定締結[PDF:191KB]PDFファイル新しいウインドウを開きます。


式典等の様子

左から、髙橋桑折町長、当機構震災復興推進役小山

平成25年3月22日 桑折町調印式
左から、髙橋桑折町長、当機構震災復興推進役小山

桑折駅前地区(平成25年7月撮影)

桑折駅前地区(平成25年7月撮影)

桑折駅前(こおりえきまえ)地区(災害公営住宅)
平成25年8月20日福島県及び桑折町から建設要請
 (整備概要)
 ・木造戸建47戸
 ・一部は浪江町の避難者向けの災害公営住宅として整備
 ・附帯施設として地域に開かれた広場と集会所を整備

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

このページの先頭へ