環境への配慮

水環境<雨水浸透システム>の研究
Research on Water Environment (Rain Penetration)

都市開発に伴う雨水流出量の増加や、近年の急激な降雨による雨水流出などを緩和するため、雨水の貯留・浸透・流出抑制に関する機能の追跡調査や、雨水浸透システムの機能回復にむけた維持管理手法に関する研究を行っています。


昭島つつじヶ丘ハイツの平均流出率の推移
雨水浸透システム


緑環境の研究
Research on Green Environment

ヒートアイランド現象の緩和などに資する屋上・壁面緑化の効果の検証や、身近に生き物とふれあえるビオトープのモニタリング調査など、居住環境におけるみどりの空間の整備や維持管理に関する研究を行っています。


屋上緑化
ビオトープ

団地の風環境・温熱環境に関する研究
Research on Wind and Thermal Environment for Urban Buildings

超高層建物屋上での長期の風観測等にもとづき、建築物の建設に起因するいわゆるビル風を予測し検討するための実験を行っています。また、団地内に「風の通り道」をつくり快適な屋外環境を形成するための実験など、ヒートアイランド現象の緩和や環境負荷の小さいまちづくりを目指した風環境の検証等も行っています。

超高層建物屋上での風観測

超高層建物屋上での風観測

タフトによる風の可視化

タフトによる風の可視化

風洞実験

風洞実験


UR賃貸住宅の団地は周辺市街地に比べて緑が豊富で、また屋上緑化や保水性舗装など、これまで屋外環境に配慮された多くの取組みがなされています。技術・コスト管理部では、団地の実測等を行い、都市のヒートアイランド現象を緩和する団地のクールアイランド効果についての研究も行っています。

計測機器(温度計)

計測機器(温度計)

計測機器(風速計)

計測機器(風速計)

団地内の気温分布(夏季)

団地内の気温分布(夏季)


省エネルギー化技術の研究
Study of Energy Saving Technology

東日本大震災以降、エネルギー問題に対する社会的な関心が高まっています。技術・コスト管理部では、太陽光や風力を利用した発電システムの調査や、住宅で使用する省エネ機器等の効率的な使用方法など、集合住宅の省エネルギー化に向けた研究を行っています。

太陽光発電

太陽光発電

風力発電

風力発電