代表的な事例の紹介

  1. 大手町地区プロジェクト
    大手町地区プロジェクト

    連鎖型都市再生プロジェクトによる
    国際ビジネス拠点の再構築

  2. 押上・業平橋駅周辺地区プロジェクト
    押上・業平橋駅周辺地区プロジェクト

    東京スカイツリー®のまちづくり

  3. 曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)プロジェクト
    曳舟駅前地区(イーストコア曳舟)プロジェクト

    地域の防災性の向上と拠点形成のリーディングプロジェクト

UR都市機構のコーディネート

UR都市機構のまちづくりの進め方

  • 構想段階
    1. 上位計画、権利関係等の地区の現状把握
    2. まちづくり上の課題の把握
    3. 開発コンセプトの策定
    4. 検討体制の構築
    5. 需要把握等
  • 計画段階
    1. 土地利用計画の策定
    2. 必要な都市計画手続きに係る検討、事業手法、事業計画、事業主体、スケジュール等の概略検討
    3. 検討体制のランクアップ
    4. 事業の実現性の検証
  • 事業化段階
    1. 都市計画素案の策定
    2. 事業手法・事業計画の詳細検討
    3. 事業化に向けた地権者等の合意形成
    4. 民間事業者の誘導
  • 事業段階
    1. 都市計画等の法手続き
    2. 行政、公共施設管理者等との協議
    3. 地権者等の権利調整
    4. 民間事業者との協議
  • UR都市機構のコーディネートをもっと詳しく

UR都市機構の都市再生事業実施基準の概要

  • 民間都市再生事業の支援の検証
    • 政策的意義

      国の関与する計画への位置づけ、計画内容を確認

    • 政策実現効果の
      目標

      エリア特性をふまえ、政策目的に応じた政策実現効果の目標を設定

    • 地方公共団体や
      地権者等の
      意向の確認

      地方公共団体及び地権者等の要請を確認

    • 民間困難性と
      民間支援の確認

      民間事業者の事業実施意向の確認及び民間支援内容の確認

    • 事業採算性の確認

      事業実施に伴う想定キャッシュフローの正味現在価値や事業収支を確認

  • 第三者委員会における適合検証結果の評価
    1. 事業着手前に、基準への適合検証結果について第三者委員会の審議・評価を受ける
    2. 評価結果の事業への反映、見直し
  • UR都市機構による都市再生事業の実施、評価結果の公表
  1. 詳しくはこちら 0.4MB

このページの先頭へ