[ UR都市機構ホームへ ]

UR都市機構

なごみライフ(UR宅地分譲・関西エリア)

UR都市機構ホーム > なごみライフ > 宅地購入ノウハウ > 宅地品質について なごみライフ
サイトマップ

宅地品質について

UR都市機構における宅地の品質管理
よりよい宅地を作るため、UR都市機構は品質管理に力を入れています
  調査・設計
造成工事に先立って地質調査を実施します。
ボーリング調査等によって造成前の地質の状況を確認します。この調査結果に基づいて、安定した地盤が形成されるように設計を行います。もともとの地盤が弱い場合には、沈下を生じることもありますので、その対策方法も併せて検討します。
  造成工事
適切な建設機械を用いて十分に締固めながら盛土地盤を完成させます。
造成工事は、1層を30〜50cm程度に土を敷き均(なら)し、ブルドーザー等により十分に締固めていきます。この作業を繰り返し、盛土地盤を完成させます。この際に、十分に締固まっていることを確認するために、一定の割合で一般的に用いられている方法でチェックを行います。
もともとの地盤が弱い場合には、建物建築後に建物に有害な沈下が生じないように、併せて沈下対策工事も行います。
土の締まり具合は、土に含まれる水の量によって大きく左右されます。機構は、自然の状態で最適に締め固めることを基準としています。
  完成宅地
さらに完成した段階で地盤強度等の確認を行います。
上記の造成工事中のチェックに加えて、宅地が完成した段階で個々の宅地の地盤強度や深さ方向の地盤状態のチェックを行います。
  販売
機構が実施した地盤調査等のデータをご活用ください。
切土、盛土等の造成履歴データや地盤強度等の確認データに関する情報をお客様に提供しています。お気軽にお問い合わせください。


次へ
     
     
独立行政法人都市再生機構 西日本支社 〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目2番22号(ハービスエントオフィスタワー12・13階)

All Rights Reserved. Copyright (c) 2007--2009 Urban Renaissance Agency.