[ UR都市機構ホームへ ]

UR都市機構

シノノメスタイル

Location : HOME>街に暮す>街区の紹介

街に暮す
街区の紹介:1街区 SHINONOME TOWN GUIDE

東雲キャナルコートCODANは各街区によってそれぞれ趣きが異なります。

Block1 都市生活の創造性を“自由”と“開放”で支援する1街区

mark

東雲は銀座や東京駅といった都心に非常に近く、通勤に便利であるとともに、仕事をする場所でもあると思います。そうした需要を踏まえ、核家族の住まいというだけでなく、小規模なオフィスや住居併用のオフィス、いわゆるSOHO的な使い方にも対応できるように設計されています。

Block1

コモンヴォイド

コモンヴォイド

建物のところどころにコモンヴォイド(コモンテラス)と呼ばれる穴があけられています。2層吹き抜けの共用空間で、居住者のだれもが身近な広場として活用できます。

中廊下

中廊下

住棟の廊下には中廊下型を採用しています。各階の中廊下に沿って設けられたコモンテラスやプライベートテラスによって、採光、通風が確保されます。

SOHO

SOHO

2階中庭に面したSOHO住宅は、ワークスペースとプライベートスペースそれぞれに出入り口を設け、独立性の高い快適な職住環境となっています。


新しい「住」の提案

TypeA

TypeA

シースルーエントランス

[シースルーエントランス]
中廊下に面した玄関扉や壁の一部がガラス張りになっています。ギャラリーやワークスペースなどとしても利用できます。

アイランドキッチン

[アイランドキッチン]
周りを取り囲むようにして多人数で料理が楽しめるアイランド型のキッチンです。

サンルーム型水廻り

[サンルーム型水廻り]
浴室、洗面所、トイレが、バルコニー側に配置され、明るくて風通しの良い快適空間になっています。


TypeB

TypeB

f-ルーム

[f-ルーム]
コモンテラスに隣接する部屋はf-ルームです。「f」とは劇場の待合い空間を意味するホワイエの頭文字。ここでは居住者の目的に応じてフレキシブルに利用できる空間です。

TypeC

TypeC

北向きワイドフロンテージ

[北向きワイドフロンテージ]
日照・眺望に恵まれない住戸でも、住戸の幅を広く、奥行きを浅くとることで採光を確保しています。


(こちらの頁で使用している写真は全て平成15年に撮影したものです)

■東雲キャナルコートCODANに関する詳細はこちらから(別ウインドウで開きます)

■UR賃貸住宅に関するお問合せはこちらから(別ウインドウで開きます)

基本設計
実施設計・施工

敷地面積
建築面積
延床面積
構造
階数
住戸数
竣工
事業者

山本理顕設計工場
三井住友・鴻池・大日本土木
建設工事共同企業体
9,221.41㎡
5,938.42㎡
50,215.43㎡
RC造 / 一部S造
地上14階、地下1階
420戸
2003年7月
独立行政法人都市再生機構


▲ページトップ

Shinonome Style HOME
子育てサポート
イベント
インフォメーション
アクセス
街を楽しむ
街に暮らす
街を創る


独立行政法人都市再生機構 〒231-8315 神奈川県横浜市中区本町 6-50-1 (横浜アイランドタワー5階〜18 階)

All Rights Reserved. Copyright (c) 2004--2009 Urban Renaissance Agency.