シニア賃貸住宅(ボナージュ)~高齢者等向け賃貸住宅【UR賃貸住宅 関東エリア】

高齢者向け賃貸住宅

シニア賃貸住宅(ボナージュ)

自立志向の強い人生の円熟期を積極的に暮らしていこうという方々が安心して住み続けられる住宅です。高齢者のための安全性を考えた仕様と設備、また入居者の皆様の生活を支援するシステムや施設が充実した住宅です。

URシニア賃貸住宅 ボナージュ
お申込資格について

入居申込みできる方は、次のとおりです。

  1. 日本国籍のある方、またはUR都市機構が定める資格のある外国人の方で、生活の本拠として自ら居住するための住宅を必要としており、申込日現在において次のいずれかに該当する方。
    • (1)申込本人が満60歳以上の単身者であること。
    • (2)申込本人が満60歳以上で、同居者が次の①、②のいずれかに該当する親族であること。
      (3人以上での入居はできません。)
    • ①配偶者
    • ②満60歳以上の親族
    • *親族とは、3親等内の血族、配偶者(婚姻者及び事実上婚姻関係と同等の事情のある方を含む)及び1親等内の姻族をいいます。
    • *なお、「終身年金保険」に加入される場合には、年齢、健康状態等一定の条件が必要となります。
    • <資格を有する外国人の方とは>
    • (1)「出入国管理及び難民認定法」(昭和26年政令第319号)第22条第2項もしくは第22条の2第4項の規定により永住許可を受けた方、または、「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」(平成元年法律第79号)附則第2項の規定により永住者としての在留資格を有する方。
    • (2)「日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法」(平成3年法律第71号)第3条に規定する特別永住者として許可された方。または、第4条もしくは、第5条の規定により特別永住者として許可された方。
    • (3)1および2に該当する方のほか「出入国管理および難民認定法」第19条の3に規定する中長期在留者または同法別表第1の上欄に掲げる「外交」もしくは「公用」の在留資格を有する方で、賃貸借契約の内容を十分に理解できる方。
  2. 自立して生活できる方。
  3. 身元引受人を立てられる方。[親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)の方]
    ただし、お二人で入居する場合にお互いが身元引受人になることはできません。
  4. 入居者全員が、UR都市機構の定める入居開始可能日から1か月以内に入居でき、かつ団地内において円満な共同生活を営むことができること。
  5. 申込本人を含めた同居世帯の全員が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員ではないこと。
  6. 平均収入額が入居基準月収額以上ある方、または貯蓄額が入居基準貯蓄額以上ある方。
    • <平均月収額とは>
    • 平均月収額とは、給与所得、事業所得、不動産所得及び雑所得(年金・恩給等)の現時点における継続的な所得のうち、課税の対象となっているもの(額の証明ができるものに限ります。)の過去1年間の合計額を12で割った額をいいます。
    • <基準月収額とは>
    • ●世帯で申込み場合・・・33万円(固定額)
    • ●単身者で申込みの場合・・・25万円(固定額)
    • <貯蓄額とは>
    • 貯蓄額とは、銀行(ゆうちょ銀行を含む)等の預貯金の合計額をいいます。
    • <基準貯蓄額とは>
    • 月額家賃の100倍になります。

*暴力団・暴力団関係者のUR賃貸住宅へのご入居はお断りしております。またUR賃貸住宅を暴力団事務所として使用することは禁止しております。

お申込資格について

申込み本人の平均月収額や貯蓄額が、基準月収額や基準貯蓄額に満たない場合

以下の1~3の各状況における諸条件のいずれかを満たしていればお申込みができます。

  1. 申込み本人の毎月の平均収入額が基準月収額の1/2以上ある場合
    • (1)同居親族の収入と合算して、合計額が基準月収額以上であること。
    • (2)勤務先または親族からの家賃補給額と合算して、合計額が基準月収額以上であること。
    • (3)申込本人の貯蓄額が基準貯蓄額の1/2以上あること。
  2. 申込本人の貯蓄額が基準貯蓄額の1/2以上ある場合
    • (1)同居親族の貯蓄額と合算して、合計額が基準貯蓄額以上であること。
    • (2)別居親族からの貯蓄の補給額と合算して、合計額が基準貯蓄額以上であること。
    • (3)申込本人の毎月の平均月収額が基準月収額の1/2以上あること。
  3. 申込本人が毎月の平均月収額が基準月収額の1/2に満たない場合
    • (1)扶養等親族の平均月収額が、基準月収額以上あること、または、貯蓄額が基準貯蓄額以上あること。
    • *扶養等親族の「所得証明書」または「貯蓄を証明する書類」及び申込本人と扶養等親族の続柄を確認できる「戸籍謄本」等を提出していただきます。
    • *扶養等親族が、UR賃貸住宅(旧公団住宅)に居住している場合は、下記のいずれかを満たしていることが必要です。
    • ①平均月収額がそれぞれの住宅の基準月収額の合計額以上であること。
    • ②貯蓄額がそれぞれの住宅の基準貯蓄額の合計額以上であること。
    • ③平均月収額がいずれか一方の住宅の基準月収額以上ありかつ、貯蓄額がもう一方の住宅の基準月収額以上あること。
    • (2)扶養等親族が家賃等の支払いについて、申込本人と連帯して履行の責を負うことを確約すること。
    • *住宅の賃貸借契約締結時に上記を確約する旨の「覚書」(実印使用・印鑑登録証明書添付)を提出していただきます。
    • <扶養等親族とは>
    • 家賃等を一部または全部負担していただく直系血族または扶養義務を負っている3親等内の親族をいいます。

●家賃等の一時払い制度

一定期間の家賃、共益費を一時払い(前払い)することで、その期間中お住まいいただけます。

  1. 一時払い期間
    • 入居開始可能日の属する月の翌月から、1年から10年のうち、1年単位でお選びいただくことが可能です。なお、基礎サービス費は一時払い(前払い)できませんので、毎月払いとなります。
    • *契約時に、住宅の賃貸借契約とは別に「家賃等の一時払い」契約を締結させていただきます。なお、一時払い期間終了後は、毎月の家賃等は家賃等支払いの代行業務を行う一般財団法人高齢者住宅財団の指定する金融機関等における口座振替の方法により一般財団法人高齢者住宅財団の定める日までにお支払いいただくこととなります。(なお、一時払い期間終了後もご希望の方は、再度「家賃等の一時払い契約」を締結することができます。)
    • ★家賃等の支払いについて(選択制)
    • 「ボナージュ」では生命保険会社の終身年金保険に加入し、その保険から支払われる年金を家賃等の支払いに充当する制度をご用意してます。
      家賃等を終身年金から支払われる終身年金保険から支払われる年金で全額充当する「全額一時払い方式」、家賃等の一部を月払いする「一時払い・月払い併用方式」があります。
      終身年金保険を利用する場合には、信託銀行とのシニア信託契約の締結が必要となります。
      ※生命保険会社の「終身年金保険」については、新規販売を停止している場合がございます。
  • 体に優しい温水式床暖房。(写真1
  • 暖房付きのバスルーム。(写真2
  • 万一の時に備え、緊急通報ボタンをトイレ(写真3)や浴室に設置。
  • 玄関を開けたらバリアフリーです。(写真4
基礎サービス
  • フロントサービス
  • 緊急時の対応
  • 健康管理サービス(医療法人 常盤会「森田クリニック」写真5
  • 生活支援サービス
選択サービス
ボナージュ横浜
  • アクティビティ
レストラン「ボナ・サルーテ」(写真6)
< 三井住友海上ケアネット株式会社 >
ボナージュ稲毛海岸
  • アクティビティ
食事宅配(マザーデリ美浜店)
< 株式会社エース >
※写真はすべてボナージュ横浜です。なお、調度品等は実際には設置されません。
ボナージュの基本システム ボナージュの基本システム 家賃・管理費等の支払い方法 ※なお、入居時には、別途費用等が必要となります。詳しくは、ボナージュ各現地案内所へお問い合わせください。
申込方法など
先着順による受付です。
  • 空き室状況を下記のフリーダイヤルでご確認のうえ、ボナージュ現地案内所にご本人がご来場のうえ、お申込みください。なお、先着順のため、ご希望の住宅が無く、受付できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • 郵送およびインターネットでのお申込みはできません。
  • URシニア賃貸住宅(ボナージュ)についてのお問い合わせ・資料のご請求、またはご見学をご希望の方は、下記の現地案内所までご連絡ください。
お問い合わせ
●ボナージュ横浜
フリーダイヤル
 0120-56-5771
(携帯電話・PHSからのご利用は、045-942-9841にご連絡ください)
<受付時間>午前10時~午後5時
●ボナージュ稲毛海岸
フリーダイヤル
 0120-81-4064
(携帯電話・PHSからのご利用は、043-277-8700にご連絡ください)
<受付時間>午前10時~午後5時
ページトップへ