須磨ニュータウンにある落合団地のまずは場所と雰囲気をお知らせします
落合ダンチーズ
落合団地周辺の楽し〜いココだけにしかない案内図
このウェブサイトを楽しむために是非一度お読みください
前回、落合団地のある名谷エリアのわが町自慢をみなさんにしていただきました。今回は、このエリアの変化、そして、このエリアならではなお店や旬なスポットについても聞いてみたいと思います。
北落合2丁目のバス停前にあるヨガスクール。月・火・木・金の午前と午後にシニアの方から親子まで参加できる三つのクラスでレッスンを実施。
落合団地から東へ約15分歩くと到着する27,088平米と広々とした公園。ボランティア団体「滝が谷公園を美しくする会」が2001年に地元住人の手によって結成され、それ以来、美しい姿を保っている。
団地を知り尽くした名谷エリア在住のハウジング・アドバイザーさんのみなさんに、落合団地のいいところ、そして、暮らしを楽しむためヒントを聞いてみました。
落合団地内にある土曜・日曜・祝日のみ営業している現地案内所。
自宅の壁を好きな色にペイントできて、自分だけの部屋づくりが実現するMUJI×UR ペイントプラン住宅。5月某日、落合団地にてペイントプラン住宅のご入居者様を対象に開催されたワークショップに「オチアイグラシ」編集部もお邪魔。
前回、落合団地と近隣の住み心地について坂本さん夫婦にお聞きしました。今回は、落合団地の周辺にあるオススメの飲み処、ご飯処のお話を聞きました。白川台の夜を楽しむためのとっておきのスポットが多数登場。みなさん、ごひいきに。
「良いものを手作りで」をモットーに北野クラブをはじめポートピアホテルなど名だたるレストランで腕を振るった下江さんが2013年、加古川から移転しオープンさせたフランス料理店。
春の風が心地よいとある一日、オチアイグラシ編集部は、半年前に落合団地に入居された坂本有史さん・美樹さん夫妻(仮名)を尋ねました。近居割のサービスを使って新婚生活をスタートさせたおふたりの暮らしは?さて、どんな毎日なのでしょうか?さっそく聞いてみました。
1972年生まれの宮里さんが加古川でスタイリストとして働いた後、2010年オープンさせたのがRASIE名谷店。完全予約制で宮里さんがお客さんの髪の状態などを把握し施術。
大阪市内の美容室でスタイリストをしていた山口さんが、平成9年にオープンしたのがこちらのお店。気さくな山口さんに負けず劣らず快活な奥様、そして、朗らかな笑顔のスタイリストの依子さんという3名が働く。
落合団地から名谷駅をはさんでちょうど反対側にある菅の台から、1年4か月ほど前に落合団地へ引っ越してきた三橋さん。不動産会社に務める息子さんの勧めもあって、今回初めてUR賃貸住宅へ入居。
カーシェアリングの利用方法が分かりません。どのような手続きが必要ですか?
居室内で無償修理してもらえる箇所について教えてください。
落合団地からほど近くバス通りにあるパティスリー。レモンケーキやシフォン、ショートケーキをはじめ、季節の果物を使ったケーキ、さらには、濃厚なニューヨークチーズケーキなどなどショーケースには、さまざまなケーキが並びます。
落合団地の自慢のひとつに"紅葉が綺麗"があります。長年住んでいる方々に聞くと、常に挙がってくるほど。
前回、DIY住宅に入り、どんな住まいを作ったかを計画段階から話をしてくれた見通さん。今回は、実際に暮らし始めて半年が経った今、どんな毎日を送っているのかを交えて、おうち事情を聞いています。DIY暮らしにあこがれている皆さん、参考にどうぞ。
今回のオチアイグラシに登場いただく住人さんは、UR都市機構のDIY住宅に入居した見通真次さん・沙由美さん夫妻。3か月のフリーレント期間を経て、文字通り自身でリノベーションを果たした住まいに暮らしています。さてさて、出来映え、そして、住み心地はいかがでしょうか?
わずか数週間で契約から引っ越しまでを完了させてしまった加藤さん一家。まさに電光石火の早技。そんな引っ越しから、はや1年。ご家族の暮らしぶりについて、今回は伺っています。