トピックス

UR都市機構のいろいろな取り組みや事業進捗、ニュース、イベント等についてお知らせします。

2017年10月

10/31 千葉県立保健医療大学と連携し団地をモデルに健康づくり

10月31日(火)、千葉県立保健医療大学とURは、団地を活用した地域にお住まいの方々の健康づくりや健康寿命の延伸、地域社会へ貢献できる人材の育成を目的に、連携協定を締結しました。
今年度は、千葉県内のUR賃貸住宅5団地で、高齢者を対象にした健康づくりモデルプログラム「ほい大健康プログラム」を実施します。同大学初となる全学科(看護、栄養、歯科衛生、リハビリテーション)を挙げての研究に取り組み、次年度以降も対象団地や対象者を広げて継続的に実施します。
11月11日(土)には花見川団地(千葉市花見川区)で第1回目を実施し、「食事を調べ、元気のための工夫を知ろう!」など、いくつかのプログラムを行いました。参加者からは、ためになったなどのご感想が多数寄せられました。
次回は12月16日(土)に千草台団地(千葉市稲毛区)とあやめ台団地(千葉市稲毛区)で、来年は高洲第一団地高洲第二団地でも順次実施していく予定です。

田邊政裕学長(左)とURの由利義宏地域本部長による協定締結

11月11日(土)に行われた花見川団地での第1回「ほい大健康プログラム」

参加した千葉県立保健医療大学の教員と学生

食事を調べ、元気のための工夫を知ろう

歩幅と速さを測り、歩き方を知ろう

認知症予防に向けた運動「コグニサイズ」

医師による問診、健康相談

10/29 JR広島駅自由通路 完成記念式典を開催

10月29日(日)、JR広島駅の南北を結ぶ「広島駅自由通路」の全面開通を記念して、広島市、JR西日本、URの3者共催で「広島駅自由通路・橋上駅舎・新幹線口ペデストリアンデッキ・新幹線口広場完成記念式典」を開催しました。
URは、広島駅北側の「広島二葉の里土地区画整理事業」を施行しています。その関連公共施設として、昨年10月完成の「新幹線口ペデストリアンデッキ」、今年9月完成の「新幹線口広場」、今回全面開通の「自由通路」を市から受託し、約5年半かけて整備を進めてきました。
これらの完成によって、駅周辺の活力とにぎわいが高まり、広島都心の東の核として、さらに発展することが期待されます。

自由通路でテープカットとくす玉開披。
URからは中島正弘理事長(一番左)が出席しました

地元園児による自由通路の渡り初め

記念式典の様子

全面開通後の自由通路。広島駅の上に架かる長さ180m、幅15mの通路で、南口と北口を結びます

10/28 原団地で種まきワークショップを開催

10月28日(土)、原団地(福岡市早良区)で、種まきワークショップを開催しました。
この企画は、団地にお住まいの方が利用できる共同花壇「花えにし」が団地内に誕生したことを記念したものです。「花えにし」をより身近に感じてもらうために、パンジーなどの花の種まきをURと団地自治会が協力して行いました。
当日は、団地にお住まいの方だけでなく中村学園大学の学生も参加し、講師に教わりながらポットに土を入れ、種をまきました。花の種がとても小さく細かい作業でしたが、皆さん手際よく種まきをしていました。
12月上旬の次回ワークショップでは、今回種まきした花を大きく育てるための鉢の植え替えと、別の苗を共同花壇に植える作業を行う予定です。

共同花壇「花えにし」

ワークショップの様子

育苗ポットに土を入れ、種をまきました

小さなお子さまも参加してくださいました

種まきの手順等を記載した「お花手帳」

10/25 江古田三丁目地区の報道関係者向け説明会を開催

10月25日(水)、江古田三丁目地区新しいウインドウを開きます。(東京都中野区)の報道関係者向け説明会を、積水ハウス、総合東京病院、URが共同で開催しました。
URは当地区で、「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」というコンセプトを掲げ、積水ハウスおよび総合東京病院と連携し、分譲・賃貸マンション、サービス付き高齢者向け住宅などの多様な住宅のほか、小児医療を行う病院を備えたまちづくりを進めており、平成30年秋のまちびらきに向けてさまざまなイベントの実施や情報発信を行っています。
説明会では、官民医が連携した先進的なまちづくりの取り組みや事業経緯などについて説明。連携を図ってきた中野区の田中大輔区長にもご登壇いただき、「当プロジェクトが、中野区の目指す将来都市像に寄与するまちづくりとなるよう期待している」とのお言葉をいただきました。
今後も、当地区の取り組みにぜひご期待ください。

報道関係約20社に参加いただきました

URの取り組みについて、東日本都市再生本部の
田中伸和本部長から説明しました

江古田三丁目まちづくり協議会のメンバーと、
田中大輔中野区長(右から2人目)

テレビの取材も受けました

10/23 柏北部東地区で竣功記念感謝状贈呈式を開催

10月23日(月)、柏市とURの共催で、柏北部東地区(千葉県柏市)の土地区画整理事業完了に伴う感謝状贈呈式を開催しました。
式典では、柏市の秋山浩保市長とURの斎藤健治つくば・千葉常磐担当推進役から、まちづくりの推進に尽力いただいた土地区画整理審議会委員、評価員、まちづくり検討協議会の方々に感謝の言葉を伝えるとともに、感謝状を贈呈。約40人の列席者と事業の完了を祝いました。
当地区では、つくばエクスプレスの建設と柏たなか駅周辺のまちづくりを計画的・一体的に推進してきたほか、「都市と農との共生」をテーマとした「農あるまちづくり」など、地域資源や魅力を生かしたまちづくりに取り組んできました。現在は、柏たなか病院などの都市拠点施設も立地し、今後ますます住みよいまちになることが期待されています。

感謝状贈呈式の様子

あいさつをするURの斎藤つくば・千葉常磐担当推進役

あいさつをする柏市の秋山市長

つくばエクスプレス「柏たなか」駅

柏たなか病院

柏北部東地区の様子(写真中央が柏たなか駅)

10/16 高島平団地を東京大学大学院の学生が見学

10月16日(月)、東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻の学生が、高島平団地(東京都板橋区)を見学しました。
学生たちは、「住棟をデザインすることなく、大規模住宅団地を再生させよ」というテーマのもと、高島平地域の価値を向上させるために、「住棟以外の空間=主に公共空間」の再設計に取り組んでおり、URは場所などを提供しています。
URと大学は、これまでも高島平団地で共同研究を行ってきた経緯があります。昨年度は、団地のゆとりある空間と豊かな緑を活用した花壇づくりや健康増進のイベントを開催し、地域活動の場を創出することで、団地内にお住まいの方々の「居場所づくり」を行う研究を共同で実施しました。
当日は、共同研究をきっかけに現在も活動が続いている共同花壇をはじめとした公共空間や、住戸などを見学。今後これをもとに調査・分析が行われ、学生が提案をまとめる予定です。

共同花壇を見学する様子

MUJI×URの住戸を見学する様子

高島平団地の屋外空間

10/11、18 平成29年度URひと・まち・くらしシンポジウムを開催

10月11日(水)に東京の日経ホールで、10月18日(水)に大阪の阪急うめだホールで、「平成29年度URひと・まち・くらしシンポジウム」を開催しました。
「まちの魅力の引き出しかた―団地が仕掛けるまちの魅力アップ―」をテーマに、有識者や各分野で活躍されている方々によるプログラムや、UR職員による調査研究、取り組みの報告などを行いました。
東京会場の特別プログラムでは、モデレーターに東京大学大学院工学系研究科建築学専攻教授の松村秀一氏、パネリストにブルースタジオの大島芳彦氏とstudio-Lの出野紀子氏を迎え、新たなまちの魅力を引き出した事例や、団地の可能性について議論していただきました。大阪会場の特別講演では、大阪府立大学名誉教授の増田昇氏に、ランドスケープの視点から魅力ある風景づくりについてお話しいただきました。
両会場合わせて1000人を超える方々にご来場いただきました。

特別プログラム(東京会場)での白熱した議論に大勢の参加者が耳を傾けました

UR職員による調査研究・取り組み報告

パネルディスカッション(東京会場)の様子

特別講演(大阪会場)でお話される増田昇氏

パネルディスカッション(大阪会場)の様子

10/8 鳴子団地で認知症徘徊高齢者への声掛け訓練を実施

10月8日(日)、鳴子団地(名古屋市緑区)で、団地自治会が主催し、地域包括支援センターとURが連携して協力した、認知症学習会と徘徊高齢者への声掛け訓練を行いました。
団地にお住まいの方々や、団地内にある「なごやか暮らしの保健室」新しいウインドウを開きます。で健康に関する講座の開催や自治会のお手伝いをしている名古屋市立大学の学生、総勢32人が参加。団地にいつまでも住み続けられる環境をつくろうと、認知症についての知識を深めました。
地域包括支援センターの職員が演じる徘徊高齢者の捜索では、発見した高齢者を驚かせないよう正面から優しく声掛けをするなど、実践的な訓練も行いました。訓練の後には茶話会を開き、団地にいらっしゃる認知症高齢者に対する見守り支援やその悩みなどについて、参加者同士で情報共有しました。
この取り組みは、URが企画したもので、今後は尾上団地(名古屋市北区)と中央台団地(愛知県春日井市)でも実施する予定です。

認知症学習会の様子

徘徊高齢者への声掛け訓練

10/7 茨城県つくば市に「ココチプレイス学園の森」が誕生

10月7日(土)、つくばエクスプレスタウン研究学園葛城地区(茨城県つくば市)に、「ココチプレイス学園の森新しいウインドウを開きます。」が誕生しました。
「ココチプレイス学園の森」は、当地区の象徴であるテーダマツ並木の景観を生かして誕生した住宅地です。ハウスメーカー10社と住宅生産振興財団がまちをコーディネート、筑波大学芸術系の渡和由研究室による監修で、テーダマツと筑波山の景観を取り入れた上質感のあるまちなみが生まれました。
テーダマツの並木は、1960年代に旧日本自動車研究所の防風林として植樹されたもので、樹齢50年を超える高さ20m級の大木が続いています。つくば市とURは、協力しながらテーダマツを保全し、まちづくりの中で生かしていきます。
研究学園葛城地区は、今後、ますますにぎわいのあるまちへと発展していくことが期待されます。

まちびらき テープカットの様子

筑波山を遠景にテーダマツの景観を保全

区画道路等整備の状況

まちを3つのゾーンに分け、それぞれ統一感をもたせたデザインに