トピックス

UR都市機構のいろいろな取り組みや事業進捗、ニュース、イベント等についてお知らせします。

2017年7月

7/13 江東区の大島四丁目団地で「介護予防・生活支援サービス事業」開始

6月から、大島四丁目団地(東京都江東区)の集会所で、江東区とURが連携した介護予防・生活支援サービス事業「通所型サービス」が始まっています。
これは、江東区とURが取り交わした「介護予防・日常生活支援総合事業の実施に関する覚書」に基づいた取り組みで、住民やボランティアが中心になって、支援が必要な方々に通いの場やサービスを提供するものです。大島四丁目団地では、区内で活動実績があるNPO法人たんぽぽ会が「サロン大島」として運営しています。毎週木曜日に開催し、既に8人の方が利用しています。
プログラムは、簡単な体操や脳トレーニング、おしゃべりや歌を楽しむもので、昼食をはさみながら約3時間を過ごします。和気あいあいとした楽しい雰囲気で、参加者のみなさんも自然と笑顔になり、プログラムの合間のおしゃべりにも花が咲いています。

脳トレーニングの様子。左手がチョキで前、右手はパーで後ろに。次は反対。これを交互に出していきます

昼食後は歌の時間。歌詞集をめくりながら、参加者のみなさんが歌いたい歌を選びます

7/7 大谷田一丁目団地で「コミュニティサロン」がオープン、七夕イベントを開催

7月7日(金)、大谷田一丁目団地(東京都足立区)で、交流スペース「コミュニティサロン」がオープンしました。当日は「七夕」の日ということで「七夕イベント」を開催。地域にお住まいの方々に加え、近隣の保育園、ころつえシニア相談所にも協力いただき、園児から年配の方々まで約100人が参加して大変にぎわいました。
イベントでは、健康体操や、星形のシールが付いた短冊に願い事を書いて貼る天の川づくりを行いました。
今後、地域の皆さまと協力して “ひとりでも ふたりでも みんなでも だれでもほっとできる” コミュニティサロンを目指していきます。

みんなで一緒に健康体操

七夕イベントスタート!

思い思いの願い事を書きました

星型のシールが付いた短冊で天の川を飾り付け

天の川に短冊がどんどん貼られていきます

サロン内にはお絵かきコーナーもあり、園児たちが絵を描いていました

7/2 江古田三丁目地区で防災イベントを開催

7月2日(日)、江古田(えごた)三丁目地区新しいウインドウを開きます。(東京都中野区)で、家族で楽しめる防災体験イベント「イザ!カエルキャラバン!新しいウインドウを開きます。in江古田の森」を開催しました。
URは、「多世代により育まれる持続可能な地域をつくる」というコンセプトを掲げ、積水ハウスおよび総合東京病院と共同し、分譲・賃貸マンション、サービス付き高齢者向け住宅などの多様な住宅、小児医療を行う病院を備えたまちづくりを進めており、平成30年度のまちびらきに向けてさまざまなイベントの実施や情報の発信を行っています。
当日は、近隣に住む親子約300人が来場し、「水消火器で的当てゲーム」や「紙食器づくり」など、子供から大人まで楽しめる多彩な防災プログラムで盛り上がりました。
今後も、当地区の取り組みにぜひご期待ください。

会場は多くの家族連れでにぎわいました

親子で一緒に紙食器づくり

ブースでは江古田三丁目地区のまちづくりについて紹介。熱心に耳を傾けていだだきました

メディアからの取材もありました!