SSL3.0の脆弱性対応について

SSL3.0の脆弱性対応について

UR都市機構のホームページでは、一部でSSL通信を使用しておりますが、当該通信方式の一つであるSSL3.0に脆弱性が見つかったため、SSL3.0をシステム側で停止しました。
SSL通信を使用するページ(URLが「https://」で始まるページ)が見られない場合は、ブラウザの設定を確認し、次のバージョンである TLS1.0以降を有効にしてください。

参考)
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)でSSL3.0の脆弱性対策についての情報が公開されています。

このページの先頭へ