「高齢者向け優良賃貸住宅」

「高齢者仕様住宅例」ページへ 「お申込みからご入居まで」ページへ 「申込資格必要書類」ページへ 「家賃負担・特記事項等」ページへ 「物件一覧」ページへ 「高優賃住宅を地図から探す」ページへ
UR都市機構の「高齢者向け優良賃貸住宅」は安心してお住まいいただけるよう人にやさしい配慮がなされています。
高齢者向け優良賃貸住宅

高齢者向け優良賃貸住宅とは、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、国が事業者(UR都市機構)に対して整備費補助および家賃負担の軽減のため、補助を行う制度を取り入れた賃貸住宅です。

高齢者の方に安心してお住まいいただけるよう、住宅の高齢者仕様への見直し一定以下の所得の方に対しての家賃負担を軽くする措置がとられています。(※)
また万一の場合(事故、急病、負傷)、提携民間事業者に通報する緊急時対応サービス(有料)もご利用いただくので安心です。

(※)UR都市機構の高齢者向け有料賃貸住宅には、高優賃Aと高優賃Bがあり、共に家賃負担の軽減を実施する費用として国とUR都市機構が1/2ずつ負担することにより、入居者の方が実際に支払う入居負担額まで軽減します。家賃の軽減措置が受けられるのは、世帯全員の所得月額の合計が15.8万円以下であることが必要です。ただし、団地によっては、一定以下の所得であっても家賃負担の軽減措置が適用されない場合もあります。

主な申込条件
  1. (1)日本の国籍を有する方、またはUR都市機構が定める資格を有する外国人の方で、継続して自ら居住するための住宅を必要としており、次の世帯構成に該当する方。
    ※世帯構成につきましては、申込日時点で満たしていることが条件となります。
    • ・本人が満60歳以上の単身者(単身可住宅に限ります。)
    • ・本人が満60歳以上で配偶者(年齢に関係なし)と同居
    • ・本人が満60歳以上で、満60歳以上の親族と同居(ただし、満60歳未満であっても、特別な事情により申込本人との同居が必要であるとUR都市機構が認める親族は除きます。)
  2. (2)申込本人の毎月の「平均月収額」がUR都市機構の定める「基準月収額」以上であること、または「貯蓄額」が「基準貯蓄額」以上であることが必要となります(ただし、家賃等の一時払い制度を利用する場合を除きます)。
    • (注1)「平均月収額」とは、給与所得、事業所得、年金等継続的な所得(課税の対象となっているもので、証明できるものに限ります。)で、過去1年間の合計額を12で割って得た額をいいます。
    • (注2)「基準月収額」とは、入居者の負担する額の4倍額または33万円(単身者は25万円)をいいます。
    • (注3)「貯蓄額」とは、金融機関または郵便局の預貯金の合計額をいいます。
    • (注4)「基準貯蓄額」とは、入居者が実際に支払う額の100倍になります。
    • ※その他、上記条件に満たない場合の特例もございます。詳細につきましては、UR都市機構募集窓口にお問い合わせいただくか、こちらをご覧ください。
  3. (3)緊急時対応サービス(有料)にご加入いただくことが必要となります。
  4. (4)高優賃Bのお申込みには所得の制限があり、世帯所得月額が487,001円以上の場合はお申込できませんので、ご了承ください。
  5. (5)その他お申込みに際して、一定の資格要件を書類等により確認させていただきます。詳細につきましてはUR都市機構募集窓口にお問い合わせいただくか、こちらをご覧ください。
申込方法など

抽選を行い入居者を受付けている団地と先着順で入居を受付けている団地があります。

抽選対象団地の場合

  • ●対象団地がある場合は、20日から26日を申込受付期間として募集を実施しております。詳しくはUR都市機構募集窓口にお問い合わせください。

抽選受付対象団地の募集は、只今ございません。

先着順受付対象団地の場合

  • ●先着順のためご希望の住宅が無く、受付できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
  • ●先着順受付対象団地の空室状況は下記にてご確認いただけます。(必要書類等については、UR都市機構募集窓口までお問い合わせください。)

先着順受付対象団地の空室状況はこちら

お問い合わせ TEL.052-968-3100 【受付時間】9:30-18:00【定休日】なし(年末年始を除く)

前のページへ戻るこのページのTOPへ